基本ルール
  • 5人対戦。
  • ジョーカーを含むトランプ53枚を使用。
  • 1人10枚配布。
  • 1ゲーム10ラウンド。
  • 5人のパスがなく、立候補がいない場合。ディーラが切札▲の10、副官▲Aでナポレオン強制となる。

ナポレオンの立候補
  • ディーラーのゲーム開始宣言よりコース別の制限時間内で行う。
  • 適時自動レイズ方式。
  • 獲得宣言は10枚以上から。
  • 5人パスならカード再配布。
  • 立候補1人4人パスまたはドロップなら時間内でナポレオン決定。
  • 5人のパスがなく、立候補がいない場合。ディーラが切札▲の10、副官▲Aでナポレオン強制となる。

ナポレオンのカード交換
  • 制限時間までに13枚より、残し10枚・すて3枚を決定する。
  • 副官指定のカードを捨てた場合単独となる。
  • 20枚宣言をしてポイントカードを捨てた場合、ナポレオン軍の負けとなる。
  • 捨てカードはゲーム終了後開示される。

カードオープン
  • 請求スート(1枚目にオープンされたカードのスート)と同じスートのカードをオープンしなければならない。
  • 請求スートと同じスートを持っていない場合、何を出してもよいが、3役以外は値が大きくても無力。
  • 1ラウンド目でも役カード、ジョーカーは有効。
  • 10ラウンド目にジョーカーをオープンしてもペナルティーなし。
  • ナポレオン軍が20枚獲得してもペナルティーなし。
  • ▲Qのよろめきなし。
  • 3役(▲A,表裏J)の請求スート回避不可。
  • ▲Aは請求スート無視でオープン可。(▲の請求で手持ちの▲が▲Aしかない場合は回避不可)

ラウンド勝敗
役カード>カード数値で決定。
  • 役の強さは、セイム2>オールマイティー>表J>裏J>切札>台札
  • 数値の強さは、A,K,Q,J,10,9,8,7,6,5,4,3,2
  • 請求スートでない3役(▲A,表裏J)以外のカードは数値が大きくても無力となる。

役カード
  • オールマイティー(▲A):▲のセイム2以外最強。
  • 表ジャック(J):切札スートのJ。
  • 裏ジャック(J):切札スードと同色のJ。▲なら■J、▽なら◇J。
  • セイム2:5枚同じスートで2がオープンされている場合。2をオープンした人が勝ち。
  • ジョーカー(◎◎):
    台札でオープンしたら、好きなスートを請求できる。この際残り4人が切札や3役カードがなく、請求スート以外のカードをオープンしたらジョーカーの勝ちとなる。
    手持ちに請求スートのカードがあっても代わりにオープンできる。
    セイム2にならない。

ポイントカード
  • 全スートのA,K,Q,J,10の20枚

自動オープン
制限時間までにオープンしない場合、コンピュータが手持ちカードより自動にオープンする。
  • 1枚目である場合、スート順(▲▽◇■◎)の最小値
  • ジョーカーである場合請求スートはスペード
  • 2枚目以降である場合、請求スートの最小値。請求スートがない場合は、スート順の最小値。

ゲーム勝敗
  • ナポレオン軍が立候補で宣言した枚数以上のポイントカードを獲得していれば勝ち、いなければ連合軍が勝ち。
  • 勝利軍に宣言した枚数を得点として加算。
  • ボーナス点
    ナポが単独の場合10点加算。
    20枚獲得した場合、その軍全員に20点加算。
    ナポが単独20枚の場合50点加算。
    連合軍が勝利して、ナポ軍にMasterがいた場合、Bclass以下に、Master×5点加算。

ナポレオン戦
出場資格
  • 前回ナポレオン戦優勝者。
  • レギュラー戦優勝者。得点>ゲーム勝利数>ナポ数>ペナルティ少>クラス>登録日
  • いづれも応募通知で応募した場合。

優勝
  • ナポレオン、副官、連合に関係なく5勝先取者が優勝。
  • 同時の場合、ナポレオンでの勝利数>副官での勝利数>連合軍での勝利数>獲得枚数累計>ペナルティ小>登録日。で決定する。

ペナルティー
  • ナポレオン立候補をしなかった場合。
  • ナポレオンになってカード交換しなかった場合。
  • オープンしなかった場合。離席であれば回避される。